読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海外で「生きづらい外国人」にならないために

このエントリーは、ドイツで「生きづらい外国人」の状況に陥ってしまった筆者の経験をベースにしています。

「生きやすさ」を求めて

まず海外に出て活動しようとするモチベーションの一つとして、日本の社会構造やコミュニケーションが肌に合わない「生きにくい日本人」の現状を変えるため、という理由も一定数あるかと思います。それ自体は何ら間違いではないでしょう。しかし一歩間違えると、よけいに社会的・精神的に孤立する可能性があります。「生きづらい」を「生きやすい」に変えるため日本を離れたはずが、結局「生きづらい外国人」になってしまっては元も子もありません。

出稼ぎ精神が友達作りを阻害する

孤立する、とはどういう状態でしょうか。その最たるものが、友達がいないという状況でしょう。その原因は何でしょうか。一つは、出稼ぎとして仕事をするためにその土地に住んでいる、という精神構造が考えられます。この出稼ぎ精神は、その土地や社会に同化帰属して住むことと決定的に違う性質があります。それは、逆説的ですが「友達が居なくても生活していけるから」という点です。雇用関係の支配下にいる限り衣食住に困ることは少ないでしょう。しかしそれは対等な関係ではなく、独立的な社会的ステータスではありません。

− じりつ【自立】①他の助けや支配なしに自分一人の力だけで物事を行うこと。ひとりだち。独立。(大辞泉第三版)−

出稼ぎである、と考えている時点で、支配を受け入れて生きることになると言えます。

自立とは、依存先を増やすこと

面白い記事があります。障害者の自立についての話ですが、このテーマは海外に住む人の状況に置き換えることができます。

www.tokyo-jinken.or.jp

・・・“障害者”というのは、「依存先が限られてしまっている人たち」のこと。健常者は何にも頼らずに自立していて、障害者はいろいろなものに頼らないと生きていけない人だと勘違いされている。けれども真実は逆で、健常者はさまざまなものに依存できていて、障害者は限られたものにしか依存できていない。依存先を増やして、一つひとつへの依存度を浅くすると、何にも依存してないかのように錯覚できます。“健常者である”というのはまさにそういうことなのです。世の中のほとんどのものが健常者向けにデザインされていて、その便利さに依存していることを忘れているわけです

実は膨大なものに依存しているのに、「私は何にも依存していない」と感じられる状態こそが、“自立”といわれる状態なのだろうと思います。だから、自立を目指すなら、むしろ依存先を増やさないといけない。障害者の多くは親か施設しか頼るものがなく、依存先が集中している状態です。だから、障害者の自立生活運動は「依存先を親や施設以外に広げる運動」だと言い換えることができると思います。今にして思えば、私の一人暮らし体験は、親からの自立ではなくて、親以外に依存先を開拓するためでしたね。

www.tokyo-jinken.or.jp

外国への移住とは、誤解を恐れず言ってしまうと、自ら進んで社会的障害者となることと同義です。言葉が通じない、社会インフラや習慣の違い、相談できる相手が身近にいない=マイノリティであること。これらはハンディキャップになり得ます。この障害を乗り越える必須条件は、相談できる友人や信頼できる人、それも幅広いチャンネルにおいて、を持っていることです。友達がいない出稼ぎ状態というのは、生きづらい外国人であるということと同義であると言えるでしょう。

私の場合、8年間という長い期間を大学環境で過ごしていました。大学というものはやはり人の集まるところであり、ここで言う依存先のチャンネルを探さなくとも、一通りの生活ができるようになっていました。そこに頼りきっていたため、いざ新たなつながりを探すとなったときに、アンテナの反応が鈍っていました。その結果は言わずもがなです。

自由度が低ければ他人に利用されやすい

依存先が少なく、暮らしの自由度の低い人は、選べる環境や人間関係も限られてきます。それを悪用しようする人種もいます。

仮に、日本から新たな暮らしを求めて海外に来たAさんを、一方的な力関係で都合良く使いたいと考えているBさんがいるとします。Bさんがやることはひとつ。Aさんの依存チャンネルの広がりをあらゆる手段で阻害し、B自身への依存の深度を深めること。限られた環境の中でしか生きられないようにしてしまえば、AさんはBさんに依存し、理不尽な要求があっても追従するしかありません。結果より深い依存に陥っていくのです。

入り江から大海原に向かって泳ぎだしたつもりが、いつの間にか小さな水槽に囲われていた…外国人が多く集まるコロニーでは珍しい話ではなく、私自身もこの悪循環に囚われ、脱出してきた一人です。

上手くいかない時は撤退するのも大切

いくら生きづらいと感じても、少なくとも日本人が日本にいれば生きていけます。海外では生きづらい=精神的な損傷がそのまま致命傷になります。今なんのために海外に住んでいるのか?それを一度冷静に振り返り、まずいと思った時には一度逃げて、リセットするのも大切なことです。

落ち着いた環境で、自分の出来ることを増やすこと、頼る人・頼られる人の幅を増やすこと。そうする内に壁を乗り越える能力が育っていくのだと思います。

多様な価値観に触れる、様々な環境を体験するということは、人生において必ず経験すべきことと考えます。海外で暮らすということは、その理想的な環境です。自立した精神と社会に溶け込む鋭いアンテナを持つことで初めてその恩恵を十分に得られるのではないでしょうか。