読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

工芸

生きた技術と今日の工芸

ドイツ在住時、日本の漆職人の方と3年間一緒にひとつのプロジェクトに関わっていました。その時の経験から標題のテーマについて触れたいと思います。 作家と問屋の関係 問屋という業態は、中間コストカットによる競争力強化のため、1990年代から徐々に姿を…