読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海外で「生きづらい外国人」にならないために

このエントリーは、ドイツで「生きづらい外国人」の状況に陥ってしまった筆者の経験をベースにしています。 「生きやすさ」を求めて まず海外に出て活動しようとするモチベーションの一つとして、日本の社会構造やコミュニケーションが肌に合わない「生きに…

生きた技術と今日の工芸

ドイツ在住時、日本の漆職人の方と3年間一緒にひとつのプロジェクトに関わっていました。その時の経験から標題のテーマについて触れたいと思います。 作家と問屋の関係 問屋という業態は、中間コストカットによる競争力強化のため、1990年代から徐々に姿を…

自分でメンテナンスを試みることで道具の本質を理解できる

素人がメンテナンスに手を出すと何かしら失敗する メガネのレンズは熱湯に弱い。それを知らず自分でフレームの角度を直そうなど思い立った好奇心あふれる素人がレンズをダメにしてしまう…ままある事と思います。以前私も知らずにメガネに湯をかけた事があり…

7年ぶりの日本で就職活動したら浦島太郎状態だった

はじめまして、宇佐タクヤです。 どうぞよろしくお願いします。 このブログについて 2010年から縁があってドイツで製造業関係の仕事をしていました。三十代も半ばを過ぎようかという時期になり「このままじゃ日本に帰るタイミングを逃してしまうのでは」と思…